まだまだ、青春したいから

いろいろためらわず試してみよう。言い訳なしの人生を!

たとえ明日、世界が滅びても今日、僕はリンゴの木を植える

昔好きだった、歌の歌詞にあったフレーズを思い出した。

『幸せ過ぎて大切な物が、解りづらくなった 今だから』

実にその通り。目先のことに腹を立て、誰かを不幸にする寸前だったのかもしれない。

そんな風に感じてしまった。


今というこの瞬間を大切にしないと、過去も未来もダメになっていしまう。そんな当たり前のことが、言われないと分からない。
目先のことにこだわり続けて、夢も見失っていた。

私は、すべての人となんとなくうまくやっていければ良いかなぁと思っていたけど、それが一番良いけど、そんなことをしていたら本当に大切なことを見失ってしまうかもしれない。

私は不幸なんかじゃないし、どちらかというとかなり恵まれている方。
冷静に考えるとそうだと思う。


本を読むと本当に心が洗われる。
どうでも良いことで悩みすぎてしまった。

これからの私の座右の目にしたい文言が、本に書かれていた。

『なんとかなる。』

まだまだ若造の私が言うのも何だけど、今までどうにもならないようなことはなかった。

心が壊れるぐらい悩んだこともあったし、気が遠くなったこともあった。

でも、今考えれば、すべてどうってことないことのように思える。

もちろん、悲し過ぎる記憶もある。

でも私は前にすすむことしかできない。

すべての出来事にありがとうと思えるほど器は大きくないけど、感謝できる日がきますように。
たとえ明日、世界が滅びても 今日、僕はリンゴの木を植える